カフェ オイズ 美容 発酵 スキンケア PB  

Anniversary & Days cafe

アレルギーの体質

自然免疫に着目することで様々なお肌のトラブルに向き合うことができるかもしれませんね。

今日はアレルギーの体質についてお話しようかのう。

花粉症や喘息、アトピーなどアレルギーは現代病じゃのう、日本人ではなんと2千万人にも上ると言われているのじゃ。この多くは、異物排除のためにIgE抗体が作られすぎてしまうことは知っておるのう。抗体は液性免疫と呼ばれているが、もう一つの細胞性免疫(ナチュラルキラー細胞やマクロファージ)とは天秤のような関係になっておる(図を見てたもれ)。

zu-3

さて、アレルギーの人は都市部に多く田舎には少ないのじゃ。どうして、アレルギーになる人が都市部に多いのかは、『衛生仮説』で説明が試みられておる。簡単に言うと、人類がこれまで何万年も細菌と共存した生活をしていたが、20世紀後半から衛生状態が格段とよくなったことで、細菌に接する機会が減った訳じゃな。細菌のもっている自然免疫活性化作用は抗体を作る液性免疫よりも、細胞性免疫を活性化するんで、衛生状態がよいと図のバランスがアレルギーの方に傾いてしまうのじゃ。まさに、近代化が生んだ悲劇じゃのう。わしが、天秤に自然免疫活性化物質をのせると、ほれ、バランスがとれておる。自然免疫活性化物質をうまくとればアレルギー体質を回避できる可能性があるんじゃよ。

特定非営利活動法人環瀬戸内自然免疫ネットワーク発行ニュースレター

健康に生活するには微生物からの適度な刺激を

一般的にいって、新生児期にはTh2細胞優位なのですが、その後、細菌、ウイルス、細菌がだす毒素などに接し、Th1細胞が優位になり、Th1/Th2はバランスのとれたものになっていきます。
つまり健康に成長していくには、微生物からの適度な刺激がなくてはならないということなのです。
泥とたわむれ、野山をかけずり回る時期が必要なのです。ところが無菌室とまではいきませんが、それに近いような環境で、しかも少子のために過保護に育てられると、Th2細胞優位のままになってしまうのです。
そして、アトピーを筆頭に喘息、花粉症などにかかりやすくなってしまったのです。
また、乳幼児に抗生物質が使われ(日本の医者は異常に抗生物質を使いまくるのです。世界中から非難を浴びています)、悪いバクテリアのみならず無害なバクテリアも十把一からげに一掃されてしまうと、その後のアレルギー発症頻度が高くなります。
本当に賢い親たちは直感的にそれを知っており、ある程度子供を突き放して、抗生物質もできるだけ使わないで成長を見守ってきたのですが、 医薬品を処方しなければ経営困難に追い込まれる医者たちのために、過剰なまでに『抗菌』が大手を振ってまかり通っているのです。

Dr牧瀬のアトピー性皮膚炎完治療法ガイドスクリーンショット 0026-12-26 18.08.50

都会 > 農村 皮膚のトラブル

農家の子供は喘息になりにくいことはよく知られています。
オーストリア、ドイツ、スイスの、同じ地域の農家と農家でない家の児童を、彼らが寝ていたマットレスから採取したほこりより測定したエンドトキシンへの暴露濃度と喘息の発症率の関係を調べたところ、エンドトキシンへの曝露が大きいほど、児童が喘息をもつ可能性は小さかったのです(こんなことを証明されると、ダニのつかない布団を売っているアトピー業者さんは困ってしまいますね!)。
またアメリカのボストン市内に住む生後2~3ヶ月の500人の乳幼児を対象に追跡調査したものでも、エンドトキシン濃度が高いほど、赤ん坊は生後1年間、湿疹の発生率が少なかったのです。
さらに、エンドトキシン濃度を4段階に分類したとき、1段階ずつ濃度が上がるごとに、湿疹および類似のアレルギー性疾患にかかる危険率が25%ずつ減少したのです。つまり、簡単にいえば、ある程度、非衛生的な環境で育った子供の方が、アトピーになりにくいということなのです。
まさにそのとおりであり、チベットやインドネシアやラオスの元気な子供たちにはアトピーは皆無なのです。(*エンドトキシンとは細菌がもつ毒素の一種。グラム陰性菌が壊れて、その細胞壁の構成成分であるリポ多糖体が遊離し、毒性を発揮します)。

Dr.牧瀬のアトピー性皮膚炎完治療法ガイド

road-21205_150

幼い時に細菌に感染→アレルギー疾患にかかりにくい

兄弟や姉妹が多いほど、そして下の子供になるほどアレルギー疾患が少ないものです。つまり、幼いときに細菌やウイルスに感染すれば、アレルギー疾患にはかかりにくいと、疫学的に証明されています。これが衛生仮説です。
その理由は、生活水準や衛生環境の向上によって幼少時の様々な菌の感染が減少したためと考えたのです。この説はその後多くの研究者によって確かめられています。
たとえばツベルクリン反応陽性率とアレルギー疾患発症率が反比例することや、麻疹にかかった子供は、かからなかった子供よりアトピー症状を発症しないことなどです。A型肝炎、ピロリ菌感染などでも同じことがいえるのです。

eye_family1

発酵食品の摂取と発酵成分の入った美容液

菌との接触は、アウトドアで自然と触れ合うほか、普段の食生活で発酵食品を摂ること 発酵成分の入った美容液を塗ることなどでも解消できます。

 

これは菌が死んでいても体は菌成分を認識できるからです。

特にグラム陰性菌由来のLPSとの接触が現代では極端に減っています。

 

理由はグラム陰性菌は病原菌が多く、衛生的な環境から除去される方向性にあるからです。

 

この観点から、O.I.Z(オイズ)PBジェルは近代的都会生活をされている方にはとても喜ばれるものとなっています。

sample